×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

シミの種類

まったく自分では気がつかないうちに突然顔などにシミができていてショックを受けることがあります。この肌にできるシミとはいったいどういうものなのでしょうか。

紫外線による色素沈着がおこったことが原因で皮膚の表面が茶色や褐色に変化してしまった状態がこのシミです。主に紫外線によってメラニン色素が増大してしまいます。それがシミを引き起こす原因なのです。今シミが肌の表面に現れていなくても、皮膚の下で育っていることがあります。それが時間の経過や加齢とともにいつかシミとして表面にでてくることがあるので注意が必要です。

シミにはいろいろな種類があるのですが、そのひとつは炎症性色素沈着というものです。これはやけどやかぶれ、にきびなど肌の炎症が引き金になってシミができるものです。比較的レーザーなどによって治療しやすいシミがこの炎症性色素沈着です。

老人性色素斑というのは老化現象の一種で主に30〜40代の人に多く現れる傾向があります。若いときからずっと日焼けなどで紫外線を浴び続けてしまった人はこの老人性色素斑ができてしまうことが多いようです。老人性色素斑は紫外線を受けやすい手や顔・腕・すねなどにできやすく、シミの大きさは様々で個人差があります。

中高年以降の人に多く見られるのが、脂漏性角化症です。これは老人性色素斑にしこりのような良性の腫瘍ができてしまうことによってできるシミです。これも老人性色素斑と同じように長い間紫外線を吸収してしまったことが原因だといわれています。

シミには様々な種類のものがあるのです。自分のシミがどんな種類のものであるかを見極めてその特徴に合った治療や対策をしていきましょう。

関連サイト


シミの原因

シミは主に紫外線が原因でおこります。この紫外線をどこまでどのように防ぐことができるかにシミの予防と対策が関わってくるのです。人間の皮膚は一定周期でターンオーバーというものを繰り返します。そして肌の新陳代謝をしてくれるのです。紫外線を浴びたり、日焼けをすることによって、このターンオーバーの周期が乱れてしまうといわれます。

そして皮膚にメラニン色素がたまってしまってもそれを除去することができません。その結果メラニン色素が沈着してしまうのです。もともとメラニン色素というものは、お肌を紫外線から守る働きをするものだといいます。シミの原因は加齢などが原因となってこの新陳代謝の働きが弱まることなのだといえます。

さらに紫外線や日焼けだけが原因ではありません。普段の生活習慣も深く関係しているのです。肌のターンオーバーの乱れの原因としては、食生活の乱れや睡眠不足、喫煙や飲酒、過度のストレスなどがあげられます。それがシミの原因へとつながっていくわけです。

さらにターンオーバーが乱れるとホルモンバランスが崩れてしまいます。これはにきびや肌荒れ、しわなどの肌のトラブルの原因になり得るのです。生活習慣の乱れている人は常に肌あれやシミのリスクを背負っていることになると言えます。まずは規則正しい生活食生活の見直しをすることから始めてみましょう。それがシミの対策になるのではないでしょうか。


シミ取りレーザー

シミが皮膚にできてしまった場合、それを取りたいと思う人は多いと思います。シミ取りといえばまずレーザー治療を思い浮かべるのではないでしょうか。レーザー治療を受けたいならば、皮膚科や美容外科などに行くといいでしょう。このレーザー治療は肌のシミの原因になっているメラニン色素の黒い部分に反応してシミ取りをするのが一般的な方法です。

レーザーによるシミ取りで肌を痛めるということはまずなく、安全な方法です。術後にかさぶたや色素沈着になることもありますが、紫外線にあたらないように気をつけていれば数日できれいな肌になります。1回の治療時間がほんとに短時間でメイクもすぐにできる上に、シミ取りのレーザー治療中は、ゴムで弾かれた感じがする程度で痛みをほとんど感じないですむのです。

とはいえ、レーザー治療の料金は保険のきく普通の病院の治療とはわけが違います。そういうわけで、シミ取りレーザー治療をしようとするならば、皮膚科などでしっかりと診察や説明も受けて、自分の納得のできる病院選びをすることが何よりでしょう。

レーザー治療以外にもシミ取りの方法は色々とあるので、レーザー治療を受ける前に自分自身の生活習慣を見直して見ましょう。お肌のターンオーバーの周期を正常にするための努力や紫外線対策をしっかりとしてスキンケアを念入りにすることも重要です。それでもどうしてもシミが取れないというときに、レーザー治療を考えるようにしてはどうでしょうか。


シミ取りの治療法

シミ取りには、ケミカルピーリングという方法もあり、これはレーザー治療のような高価な治療と違い、経済的負担は少なくてすみます。特殊な薬剤を使い肌の角質を剥がしながら新陳代謝を促すことでシミを取る、というのがケミカルピーリングなのです。

シミ取りの治療のために使われる薬剤は様々ですが、グリコール酸やAHA、フルーツ酸と呼ばれるもので、このような薬剤を皮膚に塗ることによって肌のターンオーバーを促します。シミ取りの治療にケミカルピーリングを利用した場合の良いところは、施術が短時間で終わり、比較的気軽に行えるというところです。

このケミカルピーリングを受けるのであれば、できれば専門の皮膚科に行って施術をしてもらうことをおすすめします。ケミカルピーリングを受けた後は一時的に肌が水分不足になったり皮膚が敏感になったりすることがあります。病院でのアドバイスをきちんと受け、スキンケア、紫外線対策をしておきましょう。

また今欧米で注目されているシミ取りの治療法にトレチノイン療法がありますが、このトレチノインとはビタミンAの一種です。この方法は、皮膚に直接塗ることによって肌の奥底にたまった角質を溶かすという治療法です。このトレチノインの力によって皮膚の新陳代謝やターンオーバーが促進され、メラニン色素が排出されるのです。

このシミ取り治療では、後に肌が赤く炎症をお越したり、ヒリヒリする場合もあるので、医師の指示通りのスキンケアをしなければなりません。このトレチノイン治療の方法は、塗り薬を塗るだけなので費用も安く、数週間でシミ取りができるということで、これから日本でも普及していく可能性があります。


Copyright © 2008 シミ All rights reserved.
- ホームページSOS -